Three Wisdoms 1st Concert ~Prelude~未知の景色へ

遂に始动!!
2018.5月に结成以来2年近く、名も无いまま都心部を中心に活动を続けてきた我々三人が、いよいよユニット名を「Three Wisdoms」として新たな旅立ちをします。ジャンルにとらわれず、折衷的であることを日本人古来で独自のスタイルと捉えつつ、なおかつ邦楽器である筝とともに、ピアノ、バイオリン、という西洋発祥/発达の近代楽器が、21世纪の日本で何を奏でられるのか。。それぞれの楽器に伝わってきた歴史的、伝统的な奏法からの脱却。ジャズ、邦楽、ロック、现代音楽、クラシック、あらゆるスタイルをテキストに、未来へと语り継ぐ。なにより「今の音」を大切に、ある时は冲动的に、内省的に、弁证法的に、そして无心に。。。    定村史朗

このメンバーでの演奏中は、音と向き合っているという感覚よりも、二人と向き合っている?????

その一言に尽きる。



アンサンブルというものには、音と音との重なり(无音の时も同じ)だったり、テクニック同士の融合だったり、その瞬间の感じ方だったり、ノリだったり、
探り合いだったり?????いろんなテーマが盛り込まれているわけで、普段の演奏ではそんなことに重きをおいて合奏している感覚があるのですが、

お二人とは全然违う。

本当に违う。

そういう部分ももちろん音楽の基本なので、
无视するわけでななくて、自然に感じているわけですが、
自分が积极的に感じようとしている部分は违うというか。

なんというか????

なんというかです。

ほんとうに????。

石井さんが、この定村さんの投稿に
「生き様をみせていきましょう!」という言った。


以前も、その言叶をもらった。

そう????生き様?????。





いよいよ、一ヶ月後に迫ってきました!!

Three Wisdoms the 1st Concert ~Prelude~未知の景色へ

【コンサートの




Three Wisdoms the 1st Concert  ?Prelude? 未知の景色へ

2019年12月13日(金) 开场18:30 开演19:00

会场 :渋谷ホールアンドスタジオ
https://www.shibuyahall.com/
前売り?当日 :3,000円
ご予约?お问合わせ :各メンバーまで

?Three Wisdoms?
石井彰(pf)、定村史朗(vn)、小林真由子(筝)

2018年4月始动。7回のライブを経て、ついにユニット名が决定。
ファーストコンサートを开催することになりました!

手探りで音作りをはじめ、すこしづつ手応えを感じはじめ、
つくりたい音世界がすこしづつ见えはじめ????

でも、それはまだまだどこまでも広く果てしなく続く远い见知らぬ世界のよう???
未知の景色へのPrelude????

こんな展开になるとは!こんな日がくるとは。
2年前の、いや、1年前の自分は想像もしていない。

2年半くらい前に初めて浅草のお寺での即兴ライブの初顔合わせの时に、初めて
石井彰さんにお会いしました。Boss が车で皆を駅でひろってくれて????
ひろえさんや、石井彰さんが车に乗ってきた。

「はじめまして???筝の方ですか???。へ???。」
筝でいったいどんな表现ができるんだろう。そもそもできるのか?
そう思ってらしたそう。

私も、「あ、はい、よろしくお愿いいたします????」
(ジャズピアノの方なのか???。へ???)

ひどすぎる???笑。事前にHPをみたりはしましたが、そのすごさを実感するには
しばらく时间がかかったのでした。

それで、一ヶ月後かな、九音のステージが终わったとたん、ライブしましょう!
となるわけですが、それから、秋のBOYSとのライブに向けて、石井さんのCDを闻いたり、BOYSのCD买ったり、音源闻いたり、え???、わ???、ひょえ???と
闻けば闻くほど、调べれば知るほど???

なんだかとんでもない人たちと一绪にやることになってるんですけど、自分??
気づいた时はもうライブ决定後????笑。

そして、ライブを重ねていけばいくほど、ますます、その実力のすごさ、
音楽性の深さ、素晴らしさを目の当たりにし、ますます焦っているわけです。

そこへ定村さんが登场!
初めてお二人の演奏を闻いた时の、冲撃。
ジャズ????というか、この二人の音楽って????。
すごく绮丽で、すごく复雑で、时にすごくシンプルで、激しくて、せつないのですが???
一体、どうやってそうなっているのか、まったく解読不能。

例えば筝曲だったら、あ????この拍子で、こういうリズムで、あ??こういう风な曲か??。いい曲だ??!とか、いい演奏だ??!とか、あ???どれくらい练习すれば、どれくらいの経験があれば、この曲は弾けるかな???とか、予想がつく。

でも、お二人の演奏、まったくそうじゃない。
経験とか実力とか、そんなところは、とっくに超えたところでの、音と音の会话というか、さぐりあいというか、融合というか????

その世界にちょっとでも入ってみたくなった。

私は音楽が好きだ。このユニットの演奏では心からそう思える。
音楽家なら当たり前のことかもしれないけど、それが本当に本当に幸せなのだ。

筝が好きとか、筝を弾きたいとか、筝で弾きたいとか、そういうのとは违う。
自分には筝しかない。だから筝で弾く。
一绪に音楽したいから、筝でできるかぎりの表现できるようにしたい。
それだけのこと。

いわゆる筝曲の本番に向けての准备も本番も苦しいけど、Jazzとなると、苦しいとか以前に、何から手をつけてよいのか、何を练习したらよいのか、この数年、全てが自己流。そして全てが手探り。きっと的外れなこともたくさんしてる。

ライブの度に、わからない、できないを一つでも减らすべく(多少の见栄はありますし、笑)四方八方から准备をしても、やっぱりその都度、そういう展开には対応がむずかしい??うま、がいくらでも出てくる。
自分は40年、筝で何をやってきたのか。
最後の策としてはもう体当たりしかない!

とてつもなく美しく、とてつもなく素晴らしいお二人の演奏に、自分がもっともっと自由自在に入り込むことができたら???それはとてつもなくすごい世界になるのだうと思う。そんな时がきっといつかやってくる。そう信じて。

ぜひ、これから始まる3人の音世界、闻きにいらしてください!

Triste より ??

Three Wisdoms 

今回のライブでは5曲、新しい曲を演奏しましたが、
(全9曲なので????半分以上????新しかったみたい????笑)

スタンダードからは、TristeやMisty という曲を新たに。

いずれも私のリクエスト??

曲选びは、自分がやりたい、好きだな???と思った曲そして、
お客様に楽しんでいただけるように????という思いもしっかり込めています!!

全体的に、ゆったり、シビアめ、きれい系????の曲が
多めだったので、ノリの良い曲を、と选んだ曲。

これまで、トリステーザという曲は何度か演奏してきましたが、
トリステ????似てるけど、违う曲です??

どちらもボサノバ。

ラテン???(ボサノバも含めて)の音楽は、定村史朗さんの真骨顶でもあります!
ノリや、ソロのいれ方や伴奏の时のリズムの刻みが、もう、なんというか、大好きなのです??!彼のアドリブの素晴らしさ?????

その曲のラスト2分程、ぜひお闻きください??

実际の演奏はメロ、筝ソロ、ピアノソロ、バイオリンソロ、そしてラストのメロ????という流れでした。
この映像は、バイオリンソロの後半
(筝もちょっとアドリブで最後からんでしまいました。やっと最近コードにあわせてそんなことができるようになってきた??。自分のソロの时だけではなく、相手のソロの时に入れる音の工夫や、いれ方?????ものすごい课题です)からラストメロ?????のみです。

ちなみにイントロは、みなが、それぞれ楽器を打楽器に见立てて、リズム打ちから
なんとなく自然に始まったのでした。それもドキドキ楽しかった??

こちら


音楽の喜び??

【Three Wisdoms】

皆様にお伝えしたい。

「音楽の喜びをありがとう!」って?

とある方の记事。
嬉しいな????。

初めていらしてくださった方からも、

リピーターのみなさまからも嬉しいご感想が??

ひびくものが????あったとしたら???本当に嬉しい。
演奏していて自分が感じる心地よさだったり、兴奋だったり、紧迫だったり、恐怖だったり。
伝わり方は様々だとおもいますが、その一瞬を共有してもらえる喜び???。

?????????????????????????????????

「昨夜の演奏は私しにとって惊きの连続でして、本日もまだ皆様の音の余韵に浸っております。
それにしても美しかった!心を打たれました!大ファンになりました。」

「”Three Wisdoms ” の演奏は月が见えたり、风が吹き抜けたり、はたまた海や波が打ち寄せたりと、感情と感覚と映像がふいに出现するのが醍醐味だ、今回确信しました。」

「絵梦も聴けて大満足でした。あのアレンジで入れられていたカデンツァ(とは言わない?!)がすごく美しくて、感动しました。」


「小林真由子様、いよいよこのユニットの存在がオープンになりましたね!ジャズに限らず、音楽は、聴けば聴くほど深く狭い楽しみ方になってしまいそうなのですが、こうしてどんどん壁を壊していく方たちについていきたい、と思ってしまうのです。确かに方向が定まって安定感あるバンドもよいのですが、あの、真由子先生の本能的に壁を超えてくる感じ、ドキドキ??する感じをこれからもたくさんの方に伝えていってほしいです。12月はどうなるでしょう、楽しみ??!」


それにしても????

ものすごい紧张の中でも、こんなにのびのびと、自由に、前を向いていられる。
可能性がどこまでもひろがる予感のするバンド???。


自分史上、きっと、ひとつふたつ????生涯であるかないか????

だろうな?????

Gさんの目线??

ジャズファンであり、
ジャズプレイヤーであり、
ライブリスナーである、亲爱なるGさんの记事。
石井彰さんのピアノの生徒さんでもあります。

なんと、石井さんと私のステージ、全て闻いてくれている方!!
2年半前の久远、そして、この8月の久远。
BOYSとのライブ。金泽さんとのライブ。
そして、このトリオでの7回のライブ。
计11回!!!

?????????????????????

金曜日、
この3连休、土日の午前中は仕事なので开放感はありません、、がやはり周末。
心のこもったのライブのお诱いありがとうございます、でもやっぱりこのバンドを聴きに来てしまいました。

『Three wisdoms 』。

これが、筝、ヴァイオリン、ピアノから成る不思议なバンドの名前。

石井さん曰く、「?三人寄れば文殊の知恵?から思い付いた言叶です。三つの智慧、三尊像という意味合いもあります」。
このシリーズ、7回目だそうです、多分自分はほとんど聴いてるはず。
そして、真由子さんのお弟子さんたちにも毎回毎回お会いできるのが楽しみ!

今回の一曲目、なんとジョビンの白と黒のポートレート!
昨日かよこさんと须古さんの演奏で聴いた、なんとも言えず好きな曲。
昨日は金沢のしんとした石畳が见えた(かよこさんの心象)けど、
今日はモノクロの、炎を映した映像みたいな感じ。うわーお。


そして、栗林さんの筝曲がやはり素晴らしかった、絵梦とエッセイ。
ラストの曲は、あのヘイデンのラ パッショナーラ。これをこの编成で!?凄い。

聴く度におどろかされるバンドですが、
なぜか今回は安定感みたいなものも感じられました。
缠まりというのかな?

実は定村さんのトークを毎回楽しみにしているのです。今回は、定村さん、ステージに上がったらミュージシャンは先辈後辈もない、同格だ、とおっしゃっていた。
スタートした时はジャズ初心者の真由子さん、邦楽初心者の石井さん定村さん、
しかし、音楽家としては3人ともプロ中のプロ。
三人が违う方向を见ているのも面白かったけれど、だんだん向いているところが寄ってきた、ということかしら?

12月13日には渋谷でホールコンサートがあるそうです。
このサウンドをホールで集中して聴いてみたいですぞ!
うわー、12月、もうすぐだわ。

Three Wisdoms 始动!!

2019年11月1日大塚GRECO???
Three Wisdoms 始动??

図らずもユニット名决定の记念ライブとなった昨夜。

大切な时をともにすごしてくださったみなさま、
本当にありがとうございました??

ついにこの日がきたのか????。

というより???こんな日がくるなんて!!

1年前の自分は想像していたでしょうか。

决して仕事ではない演奏活动。
决して义理でもない演奏活动。
决して人気をえるためでもない演奏活动。

こころから一绪に音を出したいメンバーとの音楽づくり。

やはり???音楽????音楽がしたい。

筝が弾きたい????というのともちょっと违う。
音楽がしたい。

その手段が私には筝????しかない????。

そうしたら筝で音楽をできないものか????。

伝统だ、いや、现代だ???

そういうのではなくて???

音楽は音楽???。

美しいものは美しく、かっこいいものはかっこよく、破壊的なものは破壊的な???


音楽????したい??????。

それを叶えてくれる。
それがこのユニット!!


なんとお店からのサプライズでユニット名のカクテル登场??超感激??

书きたい思いは山ほど。まとめることはできなそう。
筝をはじめてもうすぐ40年。
人前で演奏したり、表にでることが昔から苦手。
昨夜までの道のりをふと振り返る。

感慨深い夜。

心から尊敬し、理解しあえるメンバーとともに音をだし、
そして、闻いていただけるありがたさ、
自分たちのつくる音楽から何かを感じていただけるとしたら、
それがたとえ一人だとしてもこの上ない喜び。

自分が次の音を出すまでの间のお二人の音色を感じる时间??

振り返ると7回のライブで38曲を演奏しているようだ。

昨夜。

Zingaro
Triste
A Flower is Not A Flower
絵梦(栗林秀明作曲)
荒城の月
Afro Blue
EssayⅠ、Ⅱ (栗林秀明作曲)
La Pasionaria
Misty

持ち曲の中からという予想に反し5曲新しい曲が入った!

12月13日(金)19时?渋谷ホールアンドスタジオにて
初コンサートです??

必聴!!

结局、予备の楽器、イス、マイク、マイクスタンドも持ってしまう、笑!


楽器以外はお店のも借りれるのに??


今夜のライブの曲、どれもが美しすぎて。かっこよくて。

音源等闻いているだけで时间がすぎてしまう??
(あ、自分の演奏のではないですよ、笑)


そういう曲を演奏できることの喜び。


あ???もっともっと自由に弾けるように、なりたい????。

ところで、スタンダードにしても、そうじゃない曲にしても
初めて弾く曲については、オリジナルがボーカルの场合は、
歌が入ったバージョンを闻いている。


复数の歌手の方の。
その方が、やはりインストだけの音源より、确実に入りが早い???
というか????深い????。

同时に歌词も理解できるので、もちろんそれもおもしろいのですが、
なんとも素敌なのですよ???歌词が?????。

このところ、あ?????なんだか、
大学で英语を専攻していたのは、
もしかして???このため??なんて、笑。

洋画をみるときも思いますが?????。

そして思うのは????

世の中、美しい曲がほんとうにたくさんある。


闻くのも弾くのも????

喜びであります。